仕切り線

タイトル/忠臣蔵のあらすじ


 今からおよそ300年前(1702年、元禄15年12月14日)、お江戸で仇討ち事件がありました。
 場所は両国は松坂町、回向院裏の「吉良邸」。播州赤穂浅野家の浪士四十七名が吉良上野介の屋敷に討ち入り、その首級を挙げたというおなじみのお話です。

タイトル/事の発端
 元禄14年3月14日江戸城中「松の廊下」において刃傷沙汰がありました。折しも京都からの勅使饗応の儀式の最中、接待担当の大名で播州赤穂(兵庫県)五万三千石の殿様、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が、なんと儀式儀礼を教える先生役の吉良上野介(きらこうずけのすけ)に切りつけたのです。アニメカット/松の廊下
 「この間の遺恨覚えたるか」こう叫んだそうですが、何を意味するのでしょうか。
 幸か不幸か、吉良上野介は死ぬほどの大事には至らなかったのですが、浅野内匠頭は即日切腹、吉良上野介はお咎めな
し。喧嘩両成敗の鉄則に反したばかりに、これから1年9ヶ月にかけて一大ドラマが展開することになるのです。
 この年の勅使饗応の儀式は単なる年始の挨拶の返応だけではなく、特別の意味合いがあったそうです。時の将軍綱吉の生母、桂昌院(けいしょういん)という方の官位従一位(皇族以外の女性としては初の)の贈位が朝廷からもたらされる手はずになっていたのです。ですから親孝行の将軍綱吉はこの大事な日を血で穢されて許せなかったのでしょうか。


タイトル/何故切りつけたか
 原因はハッキリされていないのですが、朝廷接待の儀礼を教えてもらうべき吉良さんに賄賂を贈らなくて意地悪されたからだとされていますが、他にも色々あるのです。
 この二人、実は同業者なのです。双方とも領地に塩田を持っていたのですが、瀬戸内の赤穂の塩の方が、三河の吉良の塩より品質が良く、たくさんとれた。その辺の嫉妬や羨望もあり、意地悪を続けたという説もあるのです。
 まだたくさん説はあるのですが、とにかく浅野の殿様は切腹、赤穂の城は没収、家臣は失職離散。一方、吉良上野介はあくまでもお咎め無し。これじゃあ片手落ちだと仇討ちとなるのですが、実に1年と9ヶ月を要することになります。

タイトル/展開
 家老の大石内蔵助はあくまでも恩赦特赦によるお家再興を働きかけ続けたのですが、虚しく日が過ぎていきます。家臣達からの仇討ちの督促や想像以上の世論の期待に耐えきれず、ついに内蔵助は決断をすることになります。
 元禄15年12月14日、大石内蔵助率いる総勢四十七名は殿様の命日に討ち入ります。めざすは両国松坂町「吉良屋敷」へ 。
 アニメカット/討入り翌朝4時、まだ暗い。激闘2時間の末、見事、御首を挙げた四十七士は、主君の眠る高輪泉岳寺まで凱旋し、墓前に首級を供えたのです。
 この快挙に江戸市民はやんやの喝さいをしました。この時代は、ご存知犬公方様の“生類哀れみの令”で庶民はビクビク暮らしており、又、貨幣改鋳という悪政によるインフレにも喘いでいたのです。
 この事件は、そういう息詰まり状態を一挙に晴らした一大爽快事だったのです。

 翌年2月、大名家(熊本細川家、松山松平家、三河水野家、長門毛利家の四つの下屋敷)にお預けとなっていた全員が名誉ある切腹を命ぜられました。この時点で四十七士は義士とみとめられたのです。
 以後、今日まで、日本人好みのこのお話は、芝居に映画にと語り継がれています。
 地元では立派なお殿様だったという吉良さんも、こんなにハッキリ悪役にされてしまっては、なんだかかわいそうな気もします。「おれが何をしたっていうんだ」そんな叫びも聞こえてきそう・・・

仕切り線

吉良邸討入り事件表紙に戻る