仕切り線

こんなにあるんだ!
ガーちゃんのイラスト デンくん、「花見」の歴史を調べてきたけど、どんな桜を知っている?
デンくんのイラスト えっ、桜って、ソメイヨシノだけじゃないの?よく、「開花宣言」で聞くよ〜。
そうね、全国の桜の名所の約8割で、ソメイヨシノを植えているというから、あちこちで咲いているけどね。 でも、ソメイヨシノだけじゃないわよ。300種類以上あるみたいよ。
へえ〜、そんなにあるの。
それじゃあ、少し調べてみようか?
また、大変そう〜。
大丈夫、一部だけよ。
純白の桜 淡紅色の桜 濃紅色の桜 緑や黄色の桜
大輪の桜(花の大きさが3.5〜6センチメートル) 小輪の桜(花の大きさが2.5センチメートル以下) 
匂いのある桜 二度咲く桜(10月から12月頃と4月の2回咲く)
純白の桜                                  ページTOPに戻る                
白妙 白雪 琴平 緑萼桜 太白

白妙(シロタエ)

花形:八重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
シロタエの名から純白の花と思われがちだが、花弁の外面 には薄い紅色が少し出ている。

白雪(シラユキ)

花形:一重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
黒褐色の果実を多く結ぶ。

琴平(コトヒラ)

花形:八重咲
花の大きさ:中輪
開花期:4月中旬
香川県琴平町の金毘羅宮の参道に原木があったことがコトヒラの名前の由来。
 

緑萼桜(リョクガクザクラ)

花形:一重咲
花の大きさ:小輪
開花期:4月下旬
萼と若芽が鮮緑色、花弁が純白と、いかにも清楚な感じの花が咲き、ミドリザクラとも呼ばれている。

太白(タイハク)

花形:一重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
イギリスで作られた品種。元公爵、鷹司信輔がこのように命名した。海外でも多く植栽されている。

淡紅色の桜・・・わずかに赤みがさす、いわゆる「桜色」         ページTOPに戻る             
染井吉野 一葉 普賢象 小彼岸

ガーちゃんのイラスト桜もいろいろな名前がついているね。

デンくんのイラストそうだね。
ぼく、冬の隅田公園で「イチヨウ」を見たことがあるんだ。その時、「イチヨウ」と札がついていたけど、なぜこの木が「イチョウ」なんだろうと、不思議に思ったことがあるんだ。札のつけ間違いじゃないの?と思ったけど、桜にあったんだね〜。

プフッ、デンくんの間違いね〜。

染井吉野(ソメイヨシノ)

花形:一重咲
花の大きさ:中輪
開花期:4月上旬
全国に最も広く植栽されている代表的なサクラ。4月上旬に、葉の出る前に淡紅白色一重の花が木を埋め尽くして華やかに咲き、花や葉には毛がある。明治初年に東京の染井(豊島区)の植木屋が、吉野桜の名で売り出し、のちにソメイヨシノと名付けられた。

一葉(イチヨウ)

花形:八重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
雌しべが葉のような形をしていることが、名前の由来。花の中央から一本細長くよじれた雌しべが伸びている。 つぼみは紅色だが、開くにしたがってやわらかな淡い紅色に変化してゆく。

普賢象(フゲンゾウ)

花形:八重咲
花の大きさ:大輪
開花期:4月下旬
普賢菩薩の乗ったゾウの鼻を花にたとえて、葉化しためしべの先に残っている2個の花柱を牙に見立ててこの名が付けられた。

小彼岸(コヒガン)

花形:一重咲
花の大きさ:小輪
開花期:3月中旬
春のお彼岸の時期にみごろをむかえることが名前の由来。 大木にならないので小庭園に向くほか、切り花用としても栽培されている。長野県高遠町の高遠城址公園のものが有名で、房総半島、伊豆半島などに自生している。

濃紅色の桜・・・深みのある紅色、緋色、紅紫色            ページTOPに戻る             
紫桜 寒緋桜 長州緋桜 河津桜 紅豊

紫桜(ムラサキザクラ)

花形:一重咲
花色:紫紅
花の大きさ:中輪
開花期:4月中旬
小石川植物園で大木となった本種を見ることができる。

寒緋桜(カンヒザクラ)

花形:一重咲
花色:紫紅
花の大きさ:中輪
開花期:3月中旬
中国南部、台湾に分布し、沖縄の石垣島、久米島でも見られる。寒い頃から濃紅色の花を咲かせることからこの名がつけられた。別名緋寒桜ともいう。

長洲緋桜(チョウシュウヒザクラ)

花形:半八重咲
花色:紫紅
花の大きさ:中輪
開花期:4月上旬
満開期の短い深い紅色の花。

河津桜(カワヅザクラ)

花形:一重咲
花色:紫紅
花の大きさ:大輪
開花期:3月上旬
原木は伊豆半島の河津町にある。河津町では、増殖して川沿いに多く植えたものが温暖な気候により2月下旬から1ヶ月以上にわたり開花し、観光名所となっている。

紅豊(ベニユタカ)

花形:八重咲
花色:濃紅
花の大きさ:大
開花期:4月中
紅色豊かな重弁のサクラとなったことから命名された。

緑や黄色の桜                               ページTOPに戻る             
ウコン 御衣黄

デンくんのイラストガーちゃん、緑色の桜もあるんだね。

ガーちゃんのイラストそうね。めずらしいかもしれないけど、「ウコン」は江戸時代から咲いていたみたいよ。

いろいろな桜があるけど、一ヶ所で見ることできないの?

隅田公園や向島百花園、緑と花の学習園で、数種類の桜を見られるけどね。
ちょっと足を延ばして、新宿御苑や小石川植物園、多摩森林科学園などに行くといろいろな種類の桜を楽しむ事ができるよ。

う〜ん、ちょっと遠いかな?隅田公園でいいや!!宴会も出来るしね。

鬱金(ウコン)

花形:八重咲
花色:黄緑
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
つぼみは紅色なのだが、開くと黄色いウコン。花の色がウコンの根茎で染めた色に似ていることから、この名前が付いた。黄桜などとも呼ばれる。
御衣黄(ギョイコウ)

花形:八重咲
花色:黄緑
花の大きさ:中輪
開花期:4月下旬
淡いクリーム色の花びらに、黄緑色のラインの入ったやや小振りな八重咲きの花。花弁の中に葉緑体があり、緑色に見える。
大輪の桜・・・(花の大きさが3.5〜6センチメートル)          ページTOPに戻る            
大島桜 御車返し 松月 楊貴妃

大島桜(オオシマサクラ)

花形:一重咲
花色:白
開花期:4月上旬
伊豆の大島に多いのでオオシマサクラといわれる。3月下旬から4月上旬に淡緑色の若葉とともに、大きな白色一重の花が散房状になって数個開花する。

御車返し(ミクルマガエシ 別名 桐ケ谷)

花形:一重・八重咲
花色:淡紅
開花期:4月中旬
昔、この花をみた一人が八重の花だといい、別の一人は一重だといって争論となり車を返してみたところ八重と一重が混ざっていたところからこの名がつけられたといわれている。

松月(ショウゲツ)

花形:八重咲
花色:淡紅
開花期:4月中旬
江戸時代中期に京都で栽培されていたナデシコザクラと同じ品種であるといわれている。
花びらの先端にある細かいギザギザが、ナデシコの花びらに似ていることが名前の由来。開花後に黄緑色の若葉がのびはじめるのが特徴。
 

楊貴妃(ヨウキヒ)

花形:八重咲
花色:淡紅
開花期:4月中旬
昔、奈良にあった名木といわれ花色も優れた豊満な八重桜ということから中国の楊貴妃を連想して世人が名づけたといわれている。

関山(カンザン)

花形:八重咲
花色:濃紅
開花期:4月下旬
花色が濃紅色で美しく、成育もよいので海外でも広く栽培されている。また、桜湯にはこの花の塩漬けが用いられる。

小輪の桜・・・(花の大きさが2.5センチメートル以下         ページTOPに戻る           
深山桜 丁子桜 豆桜 雛菊桜

 

深山桜(ミヤマサクラ)

花形:一重咲
花色:白
開花期:4月下旬
九州〜北海道の冷温帯に分布する野生種。花は上向きに咲く。

丁子桜(チョウジザクラ)

花形:一重咲
花色:白
開花期:3月中旬
花が小さいのに比べてがく筒は太くて長めなので、この様子を丁字に見立てて名づけられた。

豆桜(マメザクラ)

花形:一重咲
花色:淡紅
開花期:3月中旬
南アルプス、房総半島、伊豆半島にも分布しているが、富士山麓一帯に多いことからフジザクラとも呼ばれる。

雛菊桜(ヒナギクザクラ)

花形:菊咲(段咲)
花色:淡紅
開花期:3月下旬
2個の花が重なって二段咲きになり、淡紅色の花弁が100〜200枚以上もあり、4月上旬に若芽とともに開花する。菊咲奥丁字桜ともいわれている。

匂いのある桜                                ページTOPに戻る             
駿河台匂 萬里香 上匂

デンくんのイラスト桜の花って、匂いがあったの?

ガーちゃんのイラストそうね、花に香りのある桜もあるのよね。「香桜」とか「匂桜」と呼ばれるみたいよ。

どんな匂いなの?

香りの成分はクマリンと呼ばれるもので、桜餅に使われるオオシマザクラの塩漬けされた葉の香りと同じみたいよ。咲いた直後のオオシマザクラの花には、この「桜餅」の匂いがする場合が多いみたい。

あの匂いか〜。

駿河台匂(スルガダイニオイ)

花形:一重咲
花色:白
花の大きさ:大輪
開花期:4月下旬
江戸の駿河台(現在の千代田区)に原木があったことが駿河台匂の名前の由来。

萬里香(バンリコウ)

花形:八重咲
花色:白
花の大きさ:中輪
開花期:4月中旬
花に香気があるので、その名がつけられている。

上匂(ジョウニオイ)

花形:一重・八重咲
花色:白
花の大きさ:大輪
開花期:4月中旬
芳香のある花を咲かせる。

二度咲く桜                                 ページTOPに戻る               
冬桜 不断桜 子福桜 十月桜

デンくんのイラスト秋にも桜は咲くんだね。

ガーちゃんのイラストそういえば、ユートリヤの脇の道に、秋に小さな白い花の桜が咲いていたよ。きっと、ジュウガツザクラね。

へえ〜、咲いているんだね。

たしか、江戸東京博物館の駐車場側にも咲いていたよ。向島百花園はコブクザクラが咲いていたけどね。

そうなんだ。忘れなかったら、今年は見てみよう。

冬桜(フユザクラ)

花形:一重咲
花色:白
花の大きさ:中輪
開花期:4月上旬、 秋 葉が小型なのでコバザクラとも呼ばれる。春と秋に開花し、秋は10月から12月頃まで咲いている。群馬県の鬼石町・桜山公園にはこのサクラが多数植えられていて、秋にお花見が出来ることから「三波川の冬桜」として有名。

不断桜(フダンザクラ)

花形:一重咲
花色:白
花の大きさ:中輪
開花期:4月上旬、秋 原木は三重県鈴鹿市白子町寺家・白子山観音寺(子安観音)境内にあり、1923年に国の天然記念物に指定されている。10月頃から翌年の5月頃まで花がみられ、1年中、花や葉が絶えないことからこの名がつけられたといわれている。

子福桜 (コブクザクラ )

花形:八重咲
花色 :白
開花期 :4月上旬、秋 ひとつの花に雌しべが1〜5本あり、ひとつの小花柄に複数の果実をつけることから名づけられた。
向島百花園で見られる。

十月桜(ジュウガツザクラ)

花形:八重咲
花色:淡紅
花の大きさ:中輪
開花期:4月上旬、秋
春と秋の二季咲きのサクラです。秋は9月頃から咲き始め、暖かいところでは冬の間も少しずつ咲きつづける。秋の花は春の花より小さい。

 

写真提供/財団法人日本桜の会「サクラ図鑑」CDーROM、新宿御苑

仕切り線

HOMEに戻る 「さくらまつり」表紙に戻る 花見の歴史 どこがいいかな?
(区内の花見の場所
何でもかんでも!さ・く・ら
(桜に関連した事)